← 戻る


気まぐれに作っている架空文字依拠のフォントなどはこちら (pixiv)
イヴェント頒布フォント関係 (波間のかけひき) についてはこちら (Circle.ms)
波間のかけひきフォント集 書店委託分はこちら (COMIC ZIN)

【波間のかけひき】 サークル参加予定および参加歴はこちら



当ページで配布している各フォントは基本的にお好きなようにお使いください。 もうすこし詳しく




   ●TrueType font
   にしき的フォント 『 Nishiki-teki 』
Version 3.40b (2018-06-17)
      Nishiki-teki

      Download

   伺かのフリーシェル「にしき」をイメージしたUnicode準拠のフォントです。
   創作物その他もろもろにご自由にお使いください。
   Nishiki-teki (IPA: [nʲi̞ɕi̥kʲi̥te̞kʲi̥] ) is a Unicode-based font inspired by a free shell of Ukagaka called Nishiki.
   Feel free to use for your creative works and other purposes.

   Ĉi tio estas Unikoda tiparo inspirita de free shell de Ukagaka nomita je Niŝiki.
   Vi rajtas uzi por viaj kreaj verkoj kaj aliaj celoj.

   現在のところ、ラテン文字、ギリシア文字、キリル文字、アルメニア文字、ヘブライ文字、グルジア文字、オガム文字、ルーン文字、コプト文字、
   ひらがな、カタカナ、少々の漢字、リス文字、オーセージ文字、音声記号、ブライユ点字、そこそこの絵文字、その他いろいろな記号などを収録しています。
   The current version contains: Latin, Greek, Cyrillic, Armenian, Hebrew, Georgian, Ogham, Runic, Coptic,
   Hiragana, Katakana, a sprinkling of Han ideographs, Lisu, Osage, phonetic symbols,
   Braille patterns, a certain amount of emojis, miscellaneous symbols and punctuation marks, etc.

   加えて、私用領域には以下のような人工文字の類 (テングワール、キアス、アウイ、ガーゴイル、ユニフォン、ソルレソル、ヴィジブルスピーチ、
   アーヴ、アイハ、クリンゴン沖縄方言用・気仙方言(ケセン語)用・台湾語用の仮名など) やさまざまな記号などを収めてあります。
   Besides that, some constructed scripts, various symbols etc. listed below are available in the Private Use Areas.
   より詳しく新しい内容についてはこちらのPDFファイルをご覧ください。
   For further and up-to-date details, please see this PDF file.


E000−E07F Tengwar Based on the proposal by Michael Everson; compatible with fonts by Free Tengwar Font Project, and the UCSUR
E080−E0FF Cirth Based on the proposal by Michael Everson; compatible with the UCSUR
E270−E28F aUI Compatible with Unifont
E290-E2CF ARIB Compatibility ARIB characters not accepted for addition to Unicode; small-sized CJK letters, parenthesized letters
E3B0-E42F Biblos Compatibility (currently incomplete) Miscellaneous symbols found in the Biblos gaiji fonts; only characters not in Unicode
E5C0-E5DF Gargoyle Compatible with the CSUR
E630−E64F Seussian Latin Extensions Compatible with the CSUR
E680−E6CF Ewellic Invented by Doug Ewell; compatible with the CSUR
E6D0-E73F Unifon Supplement Based on N4195
E740−E76F Unifon Compatible with the CSUR
E770−E77F Solresol Compatible with the CSUR and Quivira
E780−E7FF Visible Speech Compatible with the CSUR
E8B0-E8DF MUFI Compatibility-A Compatible with the MUFI recommendation; only characters not in Unicode and not precomposed
E8E0−E8FF Tonal and Duodenal Invented by John W. Nystrom; the mapping of Tonal is based on the UCSUR; incompatible with the proposal by Luke Dashjr
E900-E9CF Phonetic Extensions Appendix Based on N3555; letters for European dialectology, Initial Teaching Alphabet, etc.
E9D0-E9FF Punctuation Appendix Punctuation marks invented by Hervé-Bazin (vid. N4256), etc.
EA00-EACF Latin Extended Appendix Africanist tone letters (U+F1F1..9 in SIL's PUA), letters for the African reference alphabet, English Phonotypic Alphabet (vid. N4079), letters used in the Former Soviet Union (vid. N4162), etc.
EAD0-EBFF MUFI Compatibility-B Compatible with the MUFI recommendation; only characters not in Unicode and not precomposed
EE00-EEBF Alphabetic Presentation Forms Appendix Ligatures etc.; U+EE20..F are a bunch of characters from MUFI whose original code points conflict with other characters in this font
EEC0-F32F MUFI-CYFI-SIL Compatibility Compatible with the MUFI recommendation, SIL's PUA and the CYFI recommendation; only characters not in Unicode and not precomposed; the arrows at U+F312..9 are found in Cardo
F330-F3FF CYFI Compatibility Compatible with the CYFI recommendation; Early Cyrillic letters
F400-F4BF Kana Appendix-A Kana for Taiwanese, Okinawan, Ainu, the Kesen dialect, etc.
F4C0-F4EF Ath A constructed script for Baronh; the character repertoire is based on the TRON Code
F4F0-F4FF MUFI Compatibility-C Compatible with the MUFI recommendation; the characters at U+F4F7, 8 are compatible with UNZ 1
F500-F54F Kōdō Symbols Genjikō symbols (also called Genji-mon symbols) compatible with Quivira, four-branched Keizukō symbols and three-branched Sanshukō symbols
F550-F57F Mathematical Operators Appendix Rarely-used mathematical symbols found in the STIX fonts and Quivira
F580-F58F Geomantic Figures Compatible with Quivira
F590-F5FF Various Symbols Tally marks, regional variants of playing card suits, religious and occult symbols, astrological and astronomical symbols, xkcd snake elements, etc.
F600-F6FF Geometric and Technical Symbols Appendix Lunar phases, Go symbols, Apple's MouseText characters, hatching patterns (vid. N4011), ISO/IEC 9995 symbols (vid. N4317, N4444), characters from Adobe's PUA, license symbols, etc.
F700-F71F Metrical Symbols Compatible with Alphabetum Unicode and the MUFI recommendation
F720-F7FF Kreative Compatibility Compatible with Kreative Software's PUA (except Roman numerals at U+F7B2..6, which are from MUFI); only characters not in Unicode
F800-F87F Apple Compatibility Compatible with Apple's PUA; Hoefler ornaments etc.; U+F800 is a glyph specific to Nishiki-teki (a version indicator)
F880-F89F Technical Symbols Appendix Miscellaneous computer-related symbols, including several vendor-dependent UI icons
F8A0−F8CF Aiha Compatible with the CSUR
F8D0−F8FF Klingon Also known as pIqaD; Compatible with the CSUR
F0000-F01FF Standardized Variants (currently incomplete) Representative glyphs of the standardized variation sequences
F0210-F02DF Cardo Compatibility Ancient Greek symbols not in Unicode, found in the Cardo font
F0300-F04FF Control Pictures Appendix-A Symbols for control and invisible characters used in code charts
F0600-F07FF Number Forms Appendix Combining subscripts, partially enclosed numerals (can be used for Go diagrams) inspired by Quivira, Alan Martin's hexadecimal digits, etc.
F0910-F09FF Enclosed Alphanumerics Appendix (currently incomplete) Most of the characters are derived from Adobe-Japan1
F0A00-F0D6F Enclosed CJK Letters Appendix (currently incomplete) Most of the characters are derived from Adobe-Japan1 and Adobe-Korea1
F7C00-F7FFF Kana Appendix-B Jūki kana (withdrawn), Kana ligatures, etc.
F8000-F8FFF CJK Ideographs Appendix Han ideographs not found in Unicode
FC2E0-FC38F Chess Symbols Appendix Symbols for non-standard and historical chess pieces (Tamerlane chess, Courier chess, Chinese chess, etc.) and fairy chess problems; mainly found in Quivira
FD100-FD1FF Musical Symbols Appendix (currently incomplete) Rarely-used musical symbols found in Musica and SMuFL
FDE00-FDFFF Regional Flags National and regional flags ordered by ISO 3166-1 alpha-2 country codes; colours are designated by heraldic hatchings
FE000-FEEAF GMail Emoji Compatibility Compatible with Google's emoji4unicode; Emoji characters not accepted for addition to Unicode; some national flags etc.
FF000-FFCFF Pictographs Appendix A hodgepodge of pictographic symbols and emojis not in Unicode
FFD00-FFFFD Nishiki Shell Surfaces Pictures in the ‘free shell’ Nishiki (created by Hutami Sui, available for making a character for Ukagaka, which is a kind of desktop accessory software), and its modifications by Tsukina et al.
100000-1001EF Control Pictures Appendix-B Symbols for control characters in the Supplementary Special-purpose Plane (Plane 14)
100F60-100FFF Code Value Presentation Glyphs Any Unicode value with 4-6 hexadecimal digits can be represented as a picture (like those in the Unicode BMP Fallback Font) by overlapping digits at each position



   Version 2.50以降がインストールされている場合、ここにヴァージョン番号が表示されます ↓ 
   The version number will be displayed here if version 2.50 or higher is installed.



   2018.05.28. Version 3.40
   2018.04.03. Version 3.35
   2017.11.16. Version 3.30
   2017.06.01. Version 3.20
   2017.03.31. Version 3.15
   2017.02.09. Version 3.12
   2016.10.16. Version 3.00
   2016.07.29. Version 2.95a
   2016.06.10. Version 2.94
   2016.03.06. Version 2.90
   2015.12.06. Version 2.85
   2015.09.14. Version 2.82
   2015.06.28. Version 2.80
   2015.01.31. Version 2.77c
   2014.10.27. Version 2.75
   2014.06.13. Version 2.71
   2013.07.28. Version 2.56
   2013.02.13. Version 2.50
   2012.10.21. Version 2.45
   2012.07.16. Version 2.40
   2012.05.21. Version 2.35
   2011.12.04. Version 2.30
   2011.10.24. Version 2.25
   2011.09.24. Version 2.20
   2011.06.11. Version 2.15
   2011.03.18. Version 2.10
   2010.11.22. Version 2.05
   2010.10.11. Version 2.00
   2010.07.22. Version 1.95

   2008.08.30. Version 1.0 公開  Initial release

   なお、フリーシェル「にしき」は以下にて配布されています
   The free shell Nishiki is available from:

   つきな様 【にしき会】
   にしき会



     ◆バルーン 『にしき』  「Nishiki-teki」を表示フォントに指定している伺か用バルーンです
     Don様 【にこらとてすらを置いてるところ】






     ●TrueTypeフォント
   にしき的忍びいろは 『Nishiki-teki+01 Shinobi Iroha』 
Version 2.03
      にしき的忍びいろは
Nishiki-teki+01 Shinobi Iroha

      Download
   江戸時代の『万川集海』なる忍法書に見え、
   かつて忍者が用いていたと伝えられる暗号文字《忍びいろは》のフォントです。
   おまけとして、いろいろな形の手裏剣の絵文字つき。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2018.01.10. Version 2.03 CJK拡張Fの U+2DD3C にグリフ追加 (∵ 「り」と同形)
   2016.01.01. Version 2.02 CJK拡張Eの U+2C236 にグリフ追加 (∵ 「す」と同形); BabelStone Han PUA と互換に
   2013.08.04. Version 2.01
   2011.12.16. Version 2.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   にしき的くさかんむり 『Nishiki-teki+02 Grass Radicals』 
Version 1.02
      にしき的くさかんむり
Nishiki-teki+02 Grass Radicals

      Download
   漢字の部首〈くさかんむり〉のいろいろな表示形を収録したフォントです。
   2001.04.01.に ISO/IEC JTC1/SC2/WG2 に提出された文書
   N2326: Proposal to encode additional grass radicals in the UCS」(←PDF) にもとづいて制作しています。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   たぶん、使いみちは無いと思います。
   2017.01.20. Version 1.02
   2013.08.04. Version 1.01
   2011.04.01. Version 1.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   にしき的黄金虫 『Nishiki-teki+03 The Gold-Bug』 
Version 1.00
      にしき的黄金虫
Nishiki-teki+03 The Gold-Bug

      Download
   エドガー・アラン・ポーの短篇『黄金虫』The Gold-Bug に登場する暗号をもとにしたフォントです。
   普通の文を見かけの上で暗号文にし、
   暗号文を見かけの上で平文に復号します。
   2016.04.01. Version 1.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   ひので字 『NKC02 Hinodeji』 
Version 1.02
      ひので字
NKC02 Hinodeji

      Download
   昭和の初頭に実業家の中村壮太郎によって考案された人工文字《ひので字》のフォントです。
   日本語の新しい表記法となることを目指して作られた〈新国字〉の一種です。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2012.05.07. Version 1.02
   2011.07.25. Version 1.01
   2011.07.23. Version 1.00 公開





     ●TrueTypeフォント
   カタカムナ図象 『NKC11 Katakamuna』 
Version 1.10
      カタカムナ図象
NKC11 Katakamuna

      Download
   〈八鏡文字〉〈化美津(カミツ)文字〉とも呼ばれる、いわゆる神代文字のひとつ。
   潜象物理という独自の疑似科学的な世界観を展開した技術者・楢崎皐月がその存在を主張しました。
   〈図象符〉と称して複数の文字をまとめて表記したり、渦巻き状に書字するなどの奇妙な特徴を持ちます。
   当フォントでは毛筆で書いたような雰囲気でデザインしています。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2018.01.10. Version 1.10 公開





   ●TrueTypeフォント
   ユートピア文字
(『ユートピア』より) 『NKF23 Utopian』 Version 2.00
      ユートピア文字 (『ユートピア』より)
NKF23 Utopian

      Download
   ルネサンス期の社会思想家トマス・モアが著した社会啓蒙書『ユートピア』Utopia の中に
   諧謔的に添えられている架空言語の文字をフォントにしたものです。
   当フォントではローマン体を意識したデザインで大文字小文字を取りそろえています。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2017.03.13. Version 2.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   足あとのアルファベット
(『ダイノトピア』より) 『NKF04 Dinotopian Footprints』 Version 1.02
      足あとのアルファベット (『ダイノトピア』より)
NKF04 Dinotopian Footprints

      Download
   恐竜と人とが共存し繁栄する理想社会を鮮やかに描いたジェームズ・ガーニーの著作、
   『ダイノトピア』Dinotopia に登場する架空文字をフォントにしたものです。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2013.08.04. Version 1.02 公開





   ●TrueTypeフォント
   トランプの隅印的書体 『NKD04 Playing Card's Index』 
Version 0.80
      トランプの隅印的書体
NKD04 Playing Card's Index

      Download
   トランプのインデックス (隅印; カードの隅に振られている数字とスートの表示) に
   よく使われるような数字や文字の書体を摸したスラブセリフ体のフォントです。
   Unicodeの「Playing Cards」ブロックにも数字とスートを簡約に示した図柄を収録しています。
   そもそもは、このトランプの図柄のフォントを制作する前準備として作ったものです。
   2014.07.07. Version 0.80 公開





   ●TrueTypeフォント
   将棋の駒 『NKS25 Shogi Pieces』 
Version 2.11
      

      Download
   日本将棋の駒のフォント。
   駒字の伝統書体のひとつ〈錦旗〉などを参考にして書風上の慣習を踏まえながら
   作字しています。現在の本将棋の駒のみならず、〈小将棋〉に見える「酔象」およびその成駒、
   また〈平安大将棋〉の駒も。
   2018.04.05. Version 2.11 公開





   ●TrueTypeフォント
   さいころ・白 『NKS02 Die Faces: White』 
Version 1.00
      さいころ・白
NKS02 Die Faces: White

      Download
   6面ダイスのフォントです。
   さいころのいろいろな表示形をヴァリエーション豊かに収録しています。
   パーツを組み合わせることでさまざまな表現が可能です。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2011.04.02. Version 1.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   10面さいころ・白 『NKS05 D10 Faces: White』 
Version 1.00Lite
      10面さいころ・白
NKS05 D10 Faces: White

      Download
   10面ダイスのフォントです。
   卓上ゲームなどで用いられる、ねじれ双五角錐の形をしたさいころです。
   加えて、双四角錐台の形の変種 (いわゆるツクダダイス) も収録しています。
   詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2013.03.17. Version 1.00Lite 公開





   ●TrueTypeフォント
   紅亜鉛鉱9セグメント 『NKD03 9-segment Zincitic』 
Version 1.10
      紅亜鉛鉱9セグメント
NKD03 9-segment Zincitic

      Download
   7セグメントに、アルファベットの見栄えを考慮して2セグメント加えた9セグメントディスプレイのフォントです。
   数字だけならば一般的な7セグメントのフォントとして使用できます。
   使い方について詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2013.12.26. Version 1.10
   2013.11.23. Version 1.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   赤鉄鉱7セグメント 『NKD01 7-segment Hematitic』 
Version 2.00
      赤鉄鉱7セグメント
NKD01 7-segment Hematitic

   赤鉄鉱14セグメント 『NKD02 14-segment Hematitic』 Version 2.00
      赤鉄鉱14セグメント
NKD02 14-segment Hematitic

      Download
   7セグメントディスプレイ、ならびに14セグメントディスプレイを摸したフォントです。
   俗に言うデジタル数字です。
   「NKD01 7-segment Hematitic」は数字および基本的なラテン文字を、
   「NKD02 14-segment Hematitic」は加えてギリシア文字やキリル文字や多少の記号などを
   それなりに収録しています。
   2012.05.09. Version 2.00 公開





   ●TrueTypeフォント
   ランドルト環 『NKS01 Landolt Rings』 
Version 1.01
      ランドルト環
NKS01 Landolt Rings

      Download
   視力検査表で用いられるC字の図形、ランドルト環を収録したフォントです。
   然るべく配置して印刷すれば視力検査表を自作することができます。
   使い方について詳しくは同梱のreadme.txtをご覧ください。
   2009.04.02. Version 1.01
   2009.04.01. Version 1.0 公開





   ●TrueTypeフォント
   編目記号・棒針編み 『NKS26 Stitch Symbols Knitting』 
Version 1.00
      編目記号・棒針編み
NKS26 Stitch Symbols Knitting

   編目記号・鉤針編み 『NKS27 Stitch Symbols Crochet』 Version 1.00
      編目記号・鉤針編み
NKS27 Stitch Symbols Crochet

   編目記号・アフガン編み 『NKS28 Stitch Symbols Afghan』 Version 1.00
      編目記号・アフガン編み
NKS28 Stitch Symbols Afghan

      Download
   編み物の編みかたを指示するための編目記号を収録した、編み図を描画するためのフォントです。
   棒針編み用、鉤針編み用、アフガン編み用の3種があります。
   2016.03.08. Version 1.00 公開






 
 ★ 以下に掲げるものは、フォント集に収録して頒布しているフォント群の一部サンプルです。


   日本新字 『NKC01 Nihon Shinji』 明治の中葉に、小島一騰なる人物が考案した〈新国字〉。欧風の文字に多様な符号を付加することで「凡そ天地の間のいかなる奇音妙声たりとも明かに」表記できると謳っています。
      

   日本アルハベタ 『NKC03 Nihon Alphabet』 明治18年、牧師・平岩愃保が日本語の新たな文字として提案。神代文字のひとつ《阿比留文字》を改良したもので、おびただしく創出された〈新国字〉の嚆矢となった存在です。
      

   大日本改良文字 『NKC05 Dainippon Kairyō』 明治36年、早稲田大学の学生であった増田乙四郎が気概をこめて世に問うた〈新国字〉。仮名を潤色したようなデザインなので一風変わった装飾活字としても使えそうです。
      

   大日本改良文字・印形文字 『NKC06 Dainippon Kairyō: Seal』 《大日本改良文字》はさまざまな用途に応じた書体が豊富に制作されていたらしく、未公表のものを含めると十余に及びます。これはそのひとつ、印章への使用を想定した書体。
      

   ヨコガナ 『NKC07 Yokogana』 英語教師をしていた前田直平が大正15年に発案した文字。教育現場での経験を元に、学習しやすくかつ横書きに適した形になるよう片仮名を改良し、字体の整理を施したものです。
      

   石原式新カナ文字 『NKC08 Ishihara-shiki Shin Kana』 色覚検査表の開発でも知られる眼科医・石原忍の手になる文字。《ひので字》などに想を得つつ幾度かの改良案の公表を経たのち、昭和32年に「あたらしい文字」として完成されました。
      

   東眼式新仮名文字 『NKC09 Tōgan-shiki Shin Kana』 医療のかたわら国字の改良に精力的に取り組んだ石原忍が「新カナ文字」を考案する以前、昭和14年に発表していた同じく日本語表記のための人工文字。医師の立場から目に優しい文字を目指して開発されました。
      

   天学文字 『NKC04 Tengaku』 明治時代に興った〈天学教会〉という神道教団による文字。神代文字《阿比留文字》をもとに秘教的にアレンジしたもので、信者たちの常用に供する文字として作られたようです。
      

   対馬卜兆文字 『NKC10 Tsushima Divinatory』 神代文字を集成した平田篤胤『神字日文伝』の「疑字篇」の筆頭に掲げられた文字。対馬卜部に伝わるとされ、マチガタすなわち亀卜におけるひび割れの線に基づいた形をしています。
      

   国際信号旗 『NKS04 Maritime Signal Flags』 海上において船舶が信号に用いる旗をフォントにしました。紋章学のハッチングの手法によって配色を表現しているほか、パーツと文字色の組み合わせによって図柄を再現できます。
      

   さいころ・白 『NKS02 Die Faces: White』 / さいころ・黒 『NKS03 Die Faces: Black』 一般的なさいころであるところの6面ダイスのフォントです。点の並びかたのヴァリエーションも豊富に収録したり、7以上の数にも対応しているほか、日本式、中国式、タイ式などアジア各地に見られる変種も採録。
      

   10面さいころ・白 『NKS05 D10 Faces: White』 / 10面さいころ・黒 『NKS06 D10 Faces: Black』 十進法に即した乱数を得るためのさいころ。0-9ないし1-10の数字が配されたもののほかに、10の倍数のもの、あるいは100や1000の倍数のもの、さらにはいわゆるツクダダイスの形も入れてあります。
      

   4面さいころ・白 『NKS09 D4 Faces: White』 / 4面さいころ・黒 『NKS10 D4 Faces: Black』 いろんな方向から見た4面ダイス。数字が頂点附近にあるものと底辺附近にあるものの双方に対応するほか、古代シュメールで遊ばれたとされるボードゲーム『ウルの王室ゲーム』用のさいころの形も収録。
      

   6面さいころ右方投影・白 『NKS11 D6 R-Perspective: White』 / 6面さいころ右方投影・黒 『NKS12 D6 R-Perspective: Black』  
      

   6面さいころ等角投影・白 『NKS15 D6 Isometric: White』 / 6面さいころ等角投影・黒 『NKS16 D6 Isometric: Black』 6面ダイスは斜めから見た形などの4とおりの表現をそれぞれ別のフォントとして作ってあります。
      

   8面さいころ・白 『NKS17 D8 Faces: White』 / 8面さいころ・黒 『NKS18 D8 Faces: Black』 数字や点による普通の8面ダイスのほか、2の累乗が示されたダブリングダイスや易占い用の八卦さいころも収録。
      

   12面さいころ・白 『NKS19 D12 Faces: White』 / 12面さいころ・黒 『NKS20 D12 Faces: Black』 正五角形の面を持つ正十二面体のさいころです。数字ならびに点の数による表示を当たり障りなく収録しています。
      

   20面さいころ・白 『NKS21 D20 Faces: White』 / 20面さいころ・黒 『NKS22 D20 Faces: Black』 プラトン立体の掉尾を飾る正二十面体のダイス。1-20のもののほか、0-9の数字が2つずつ記されたD10用のものも。
      

   トランプ 『NKS23 Playing Cards』 トランプの図柄そのものをフォントにしたものです。絵札などは伝統的な構図を踏まえつつ、独自にデザインしてあります。緻密に描き込んでいるので存分に拡大しての表示に堪えます。
      

   トランプ・簡易表示 『NKS24 Playing Cards: Simple』 こちらは、各カードの数字とスートだけを簡約に示した形のフォントです。文書中での使用に適しているかと思います。上のフォント共々、UnicodeのPlaying Cardsブロックにも対応。
      

   将棋の駒 『NKS25 Shogi Pieces』 日本将棋の駒のフォント。駒字の伝統書体のひとつ〈錦旗〉などを参考にして書風上の慣習を踏まえながら作字しています。現在の本将棋の駒のみならず、〈小将棋〉に見える「酔象」およびその成駒、また〈平安大将棋〉の駒も。
      

   将棋の駒・象形 『NKS29 Shogi Pieces Picto』 世界の多くのチェスが立体物を駒として用いるのに対し、漢字文化圏の将棋類の駒は小片に文字を記して作ります。日本の将棋もその例に洩れませんが、このフォントでは将棋の駒を独自の図像でデザインしました。
      

   チェスの駒 『NKS30 Chess Pieces』 チェスの駒のシンボルのフォント。西洋の一般的なチェスだけでなく、ペルシアに由来する〈タメルラン・チェス〉、中世以降ドイツを中心に遊ばれた〈クーリエ・チェス〉、さらにはドラフツ (チェッカー) 、中国象棋にも対応。
      

   象棋(シャンチー)の駒 『NKS31 Xiangqi Pieces』 中国の象棋の駒です。同じ駒でも使われる漢字にいくつかの異表記が存在し、なおかつ簡体字で書かれもするので、当フォントはそのへんも網羅しています。亜種である〈三国棋〉〈三友棋〉〈蝸角棋〉の駒も収録。
      

   象棋(シャンチー)の駒・象形 『NKS32 Xiangqi Pieces Picto』 こちらは中国象棋の駒を絵で表したものです。実際、古い時代の駒で片側に漢字、もう一方に絵を刻んだものが出土していたりします。当フォントの絵は独自のデザインです。
      

   マークルックの駒 『NKS33 Makruk Pieces』 タイで伝統的に遊ばれているチェスの駒を象ったフォント。2人で行う現在一般的なもののほかに、古代インドが起源の4人制チャトランガの盤面も表現できるように、駒のシンボルを90度づつ廻転させたものも収録。
      

   七国象棋の駒 『NKS34 Qiguo Xiangqi Pieces』 北宋の司馬光が創案したとも伝えられる、戦国時代の七雄をモデルとした中国象棋の亜種。各々の駒を上下左右4つの向きで収録し、かつ白と黒の2種のフォントを用意しており、適宜並べることで盤面を表現できます。詳細はこちら
      

   七国象棋の駒・象形 『NKS36 Qiguo Xiangqi Pieces Picto』 七国象棋の駒を文字に代わって絵で表現したフォント。舞台の中国戦国時代の雰囲気に沿うようにデザインしました。七国それぞれの将の駒は、冠の内に国名を小篆で刻むことで区別をつけています。
      

   骨牌(中国ドミノ)・白 『NKS38 Gupai Tiles: White』 / 骨牌・黒 『NKS39 Gupai Tiles: Black』 天九牌とも呼ばれ、天九、牌九、参禅といった遊びに用いられる中国式のドミノ。当フォントでは西洋ドミノとの互換性も考えて0の目を含む牌も収録。
      

   麻雀牌 『NKS40 Mahjong Tiles』 麻雀牌の図柄のフォントです。一般的な牌のみならず、中国、日本、ヴェトナム、シンガポール、タイなどのアジア諸地域に各々固有に見られる変わり種の牌 (さまざまな花牌、種々の百搭牌など) も幅広く取り集めています。詳細はこちら
      

   ドミノ牌・白 『NKS41 Domino Tiles: White』 / ドミノ牌・黒 『NKS42 Domino Tiles: Black』 西洋ドミノのフォント。6までの目を用いる一般的な〈double-six〉の牌にとどまらず、より大規模な〈double-18〉までの牌の図柄を余さず収録しています。
      

   骰子(さいころ)遊戲 『NKS43 Game Dice』 西洋のダイスゲーム〈Crown and Anchor〉、それに類似したアジアの〈魚蝦蟹〉、ならびに世界各地の亜種において用いられるシンボルを中心としつつ、一部のテーブルトークRPGで用いる〈Fudge dice〉の出目なども収録。詳細はこちら