「管理職教育・育成のエキスパート」

  〜NPO法人 マネジメントスクール〜

●経営者の方へ  ●実務を通した管理職実践研修(研修期間6ヶ月)  ●経営塾:経営者のための管理職育成戦略塾
●小冊子:経営者のための管理職育成戦略  ●コラムで管理職研修  ●公開研修情報  ●Facebook

                        NPO法人マネジメントスクールでは、管理職者の業務の生産性向上を主要テーマとして、
                        「仕事を通した管理職者の育成」に関して、職場の実務に直結した実践的な
                        研修を行っております。札幌商工会議所の会員です。

(公開研修情報 掲載サイト)
北海道産業人材育成ネットワーク
研修・セミナー ポータルサイト

札幌商工会議所
メールマガジン

札幌産業ポータル
メールマガジン
イベントカレンダー

【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
若手・新人リーダー研修
【社内研修】
管理職研修・
人事制度構築研修
【社内研修】
管理職研修・
部門別予実績管理制度
構築研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
管理職研修
【社内研修】
【社内研修】
【社内研修】

【参加者募集中 公開研修】

開催日2018年7月4日(水) 14時00分〜16時30分

経営者セミナー

〜経営者のための管理職育成戦略〜

 「職場の実務にマッチした教育による
  管理職者としてのマネジメントの効率化と
  管理職者としての本来成果の獲得」

参加者募集 主催:NPO法人マネジメントスクール

   本セミナーは、中小企業の経営者の方をはじめ、
   大手企業の支社や支店の経営者の方、人事担当者の方などに、
   管理職者の教育育成や管理職研修の企画を行う際に
   ご活用頂いております。

■管理職者が、職場のマネジメントを効率的に行い、成果を獲得するためには、
 職場の実務にマッチした教育を行うことが必要です

経営者の方から管理職者の方のスキル向上に関するご相談を数多く承ります。

管理職者の育成に
“難しい・簡単” は、関係ありません

管理職者が、職場のマネジメントを効率的に行い、
管理職者としての成果を獲得するためには、
そのための職場の実務にマッチした
適確な教育を行うことが必要です。

管理職者の主要な仕事である
『部下の指導育成、担当部署のPDCA推進』において、
「管理職者として知るべきマネジメント上の実務知識、経営的な考え方」および
「目標の立案・遂行を行う上で、管理職者として踏まえるべき
獲得すべき成果の考え方、目標設定の手順、進捗管理の方法」を
職場の実務にマッチした形で教育することが必要です。

■管理職者として職場の効率的なマネジメントの遂行、および
 管理職者としての確実な成果獲得のために、
     “管理職者として本来知るべきこと”
     “管理職者として本来行うべきこと”
 を職場の実務にマッチした形で教育する

“管理職者として本来知るべきこと” “管理職者として本来行うべきこと”を、
学習し、自覚することにより管理職者は確実に成長します。
また、的確な知識や考え方、手順、方法を身につけることにより、
日常の職場のマネジメントを効率的に行えるようになり、
管理職者として確実に成果を上げることができます。

管理職者として知るべきことを知り、行うべきことを行うことにより、
部門別の年度計画制度や目標管理制度などの
社内制度の運用面(ソフト面)の充実強化も可能となります。

■管理職者の教育事項2項目
(管理職者として本来“知るべきこと”・“行うべきこと”)

1.部下育成と担当部署のPDCA推進における
   実務に直結した知識の修得、経営的な考え方。

2.管理職者として獲得すべき成果を踏まえた、
   本来、今、行うべき仕事の目標設定方法、および
   本来管理職者として行うべき進捗管理の内容とその遂行方法

今回ご案内させて頂きました経営者セミナーは、上記2項目の内容や当法人が、
日頃行っております管理職研修の内容をベースに
管理職者の教育・育成方法について解説させて頂いたものでございます。

■本セミナーを社内において実際にご活用頂いた企業様からの声

「管理職者が日々部下の指導を行うようになり、部下が確実に成長している。」
「管理職者と部下とのコミュニケーションが非常によくなった。」
「各部署の業務改善が進むようになった。」
「仕事を厳選して行うようになりムダな仕事をしなくなった。」
「プロジェクトごとの粗利が向上した。」
「管理職者としての本来の責任感の醸成や経営者意識の醸成ができた。」
「目標管理制度や各部門の年度計画の設定目標が会社として
 本来期待するものになった。
 また設定した目標が形骸化せず実践されるようになった。」

【研修項目】
■「自ら目標を設定し、結果をつくる」という
 管理職者の仕事遂行のための教育事項3項目!
         
1.管理職者として認識すべき本来の仕事、役割の教育
2.管理職者が身につけるべきマネジメント実務の要点の教育
3.管理職者が取り組むべき具体的事項の教育
■“3つの視点”からの“必要な正しい手順”を踏んだ目標設定方法の教育!
『管理職者として本来・今・行うべき仕事』、
『管理職者として獲得すべき成果』、
『管理職者として行うべき進捗管理』
の、3つの視点から
「6ヶ月間の部下一人ひとりの育成目標」、
「6ヶ月間の自分の担当部署のPDCA推進」
のための目標を必要な正しい手順を踏んで、設定する。
■「日常の仕事の実践を通した管理職者の育成」と
「管理職者のマネジメント」!

「管理職者の育成ツール」を「管理職者のマネジメントツール」
として活用する。

◇開催要領◇
【日 時】平成30年7月4日(水) 14時00分〜16時30分
【対象者】経営者の方、役員の方等
     (コンサルタント関係業種の方は、ご遠慮お願い致します。)
【会 場】札幌市中央区民センター 札幌市中央区南2条西10丁目 会議室A
【参加費】14,000円(税込み)
 参加費は、下記口座に事前にお振込み頂ければと思います。
 北洋銀行 札幌駅南口支店 店番 310
 普通 4524832 
 特定非営利活動法人マネジメントスクール
【お問い合わせ・お申し込み先】
NPO法人マネジメントスクール   npo.managementschool@gmail.com
お申し込みにあたりましては、お名前、勤務先、お役職を
ご連絡頂ければと思います。