LEGOで作るオリジナル作品
レゴブロックで作ったオリジナル作品を紹介しています。

LEGO Original Model Gallery

オリジナルレゴ作品 #0019
季節物シリーズ

2000年、お正月LEGOモデル
『門松』

2000/1/30


さて、今回はお正月モデル第一弾として製作した「門松」だ。
一月ももう終わりと言う時にやっとアップする事が出来た。
それにしても緑色のモデルを作るのは部品が少ない為、とっても大変...。


LEGO:レゴの葉っぱ 門松の元になる草部品。これもヤシの葉と同じように2種類あるのだ。

左側は底が2×2の円形になっていて中心まで葉っぱが生えている(真ん中には穴が開いているが)、右側の部品は上から見ても2×2のポッチが見えて、葉っぱは外側にしか生えていない。こちらの部品はあまり使われているセットが少ない。

で、この2つの部品を組み合わせると、大きな葉っぱになるのだ。
つくづくLEGOは良く考えられて部品が設計されていると感心させれらる。

ちなみにこの部品、緑色の他にアクアシリーズなどで珊瑚を表現する為の赤いものもある。


オリジナルレゴ作品:門松00 これが最初に作った門松だ。上の写真にある右側の部品を使っている。
2×2のポッチに円柱部品を縦につなげている。

しかしこれだと葉っぱの部分が少なすぎてどうもかっこわるい。
やはり左側の葉っぱがいっぱい付いてる方を使わないとらしくなりそうもない。

でも左側の葉っぱ部品は中心に穴が開いているだけなので1×1の円柱部品をつなげる事ができない。
どうしよう...。


オリジナルレゴ作品:門松01 いいこと発見!

レゴのセットに良く入っているヤシの木(クリスマスツリーを作る為に大量にGETした#6319にも入っている)の葉っぱを四枚つける為の軸を使えばいいのでは?

って事で早速試してみるととってもいい感じ!
でも、これを使うと1×1の円柱部品を逆さまに付けないといけない。
しか〜し!
こうすると先端が竹を切った時の穴を表現できてなおさらGOODじゃないか!!

採用!

写真を良く見るとわかるが上の写真とくらべると円柱部品が逆に付いているのだ。


正月レゴ作品:LEGOモデル 「LEGOな掲示板」用に2000の文字を作って完成。

昨年の正月にも門松を作ろうとチャレンジしたのだが、1×1円柱部品の緑色が数が揃わず断念したのだ...。

今年はSWシリーズの#7171に大量に使われていたので門松を完成させる事が出来た。

今回の「門松」は小さいながらアイデア一杯のモデルでとっても気に入っている。

と言う訳で今年もCLUB LEGOを宜しく!!

画像をクリックすると大きくなります。戻るときはブラウザの「戻る」ボタンを押してください。

と言うわけで、今回はここまで。
じゃ!

◆オリジナルLEGOモデル図鑑メニューへ
◆CLUB LEGO (クラブ レゴ)へ戻る


Copyright(C)1998-2007 Hiro All Rights Reserved
当ホームページのオリジナル画像・イラスト・文章等、コンテンツの著作権は、CLUB LEGO及びコンテンツ提供者に帰属します。
リンクは全てのページに対してフリーです。