LEGO日記
日記と言いながら毎日更新する訳じゃありません...。

★2005年08月19日(金) LEGOの洗い方

■レゴ洗浄 其の3

前回のレゴ洗浄その2からの続きです。

洗濯機から出したレゴを見ると、思ったより綺麗になっているので、いい気になっていると、
何かテクニック部品の光り方が鈍い...。

あれ?

よく見てみると、表面にホコリ...と言うか油(?)っぽいものが!!
#8880などを飾ってあった棚はキッチン近くのリビングなので、
きっと料理とかの油が付着したに違いない。


う〜む。

長年の付着した汚れ(油)は洗濯機では取れないのか?
実験を兼ねて2度目の洗濯は付け置き洗いに挑戦してみることに。

まだ洗濯してない残りの半分と、今回汚れの残った部品(泣きながら仕分けした)をネットに入れ、
洗剤と一緒にそのまま洗濯機の中で次の日まで置いておく。


綺麗になった頂き物のレゴ部品の方は、大きめのタオルに引き詰め、
エアコンの下に干しておく(間違っても天日干しとかしないように!)。
洗濯機で脱水するときに部品が繋がってしまうと乾きにくくなるので、
敷き詰める前に部品ははずしておこう。

そして、 こちらもそのまま一晩放置...。


ーーー次の日ーーー


洗濯機、スイッチオン!!
さて、テクニック部品の汚れは落ちるだろうか?

洗っている間に、昨日干しておいたレゴを回収。
一晩経つと、問題なく乾いてるね。
このまま放置しておくと「掃除のじゃま!」と妻に言われるので、
取りあえずゴミ袋に入れて片づける...。
大量の部品をしまうにはゴミ袋は重宝する(でも間違えて捨てないように注意!)。

しばらくして洗濯も終了。
恐る恐る出してみると、貰ったレゴは綺麗になっている。

がっ!

やはり、#8880の油汚れは落ちていない〜!
確かに昨日よりは綺麗にはなってるが、部品全体が光るまで綺麗にはなってないのだ。
う〜ん、こんな事なら昨日部品を混ぜなきゃよかったよ...。

仕方ないので、また泣きながら汚れの落ちてるのと落ちてないのを振り分ける。
綺麗になった方の部品はタオルの上に広げてエアコンの下へ。
落ちてない方は...。
考えた結果、アクアショットを吹きかけ歯ブラシで磨くと言う方法にしてみた。
歯ブラシを使ったのは、テクニック部品はポッチにも穴が空いてたりと構造が複雑なためだ。

結果は...。


ピッカピカ〜〜!


う〜ん、気持ち良い落ち具合だ。
さすがアクアショット!!
洗濯機にアクアショット満杯にしてレゴを洗ったら、どんな汚れでも落ちそうだ。
...ま、凄いコストがかかりそうだが...。

と言うわけで、洗濯機でのレゴ洗浄には限界があるってことが、今回解明された。
なので、洗濯機を使って洗う場合は、汚れが酷くなる前に洗ってあげよう(と言うか、6年間も放置しちゃーいけません!)。
そして、頑固な汚れには アクアショット で。

レゴ洗浄に関して何か進展があったらまた日記に書こうと思います。
みんなのレゴ洗浄体験談は掲示板へ宜しく。


ってことで今日はここまで。
じゃ!



『レゴ デザイナー マイホーム』

レゴで家が作れる!
いや...、当たり前だが、今までこんなに良いセットは無かったのだ。家を作ってみたい人には、一押しのモデル。


レゴの本
創造力をのばす魔法のブロック』

レゴの歴史やレゴ社のポリシーなどが詳しく刻まれた書。
写真の掲載数も多く、載っている写真を見てるだけでもかなり楽しい。