お城シリーズ

お城シリーズはハッキリ言ってあんまり詳しくない。

持ってるセットも他にくらべると種類が少ないのだが、部品的に見るとアーチ部品や傾斜部品を多く使ったモデルがあるので気になるところだ。
詳しくないけど知ってるのをまとめてみると...、


1978年に始まったこのお城シリーズ。最初は黄色を基調にした「LEGOLAND Castle」だけだったがその後グレイを基調にした城も登場する。このシリーズは1986年まで続く。

その次は「Forestmen」(日本名不明)。これは数年後発売される「エルクウッド」シリーズに通じる物があり、木や森との融合したお城をイメージしているようだ。

1990年代になって出てきたのがブラックナイト城! 

このころから敵味方に別れた物語が展開する。ブラックナイト王国の宿敵はマジックドラゴン王国だ。
マジックドラゴンはその名の通りドラゴンと魔法を使う種族。負けるなブラックナイト!!

とか言ってるうちに1995年になるとブラックナイト王国は滅亡。それに変わり勢力を延ばしてきたのが、あのロイヤルキング王国だ!。
ロイヤルキングははびこっていたマジックドラゴン王国を倒し平和は訪れたかのように見えたのだが..。

1996年新たな敵が現われる!
その名も「エルクウッド」。深い森の中に潜むエルクウッド種族はロイヤルキングの宝物を狙って襲ってくる。このエルクウッド、森の平和な住人達ってイメージがあるが実は戦闘民族だったのだ!

しかしロイヤルキングの文明の力にはかなわない。あえなく翌年エルクウッドはロイヤルキングと和解(予想)。協定を結び新たな敵「コウモリ男爵」と「魔女ヒルダ」に立ち向かうのだった!!

1998年、なんとロイヤルキング王国は滅亡!
その後「コウモリ男爵」と「魔女ヒルダ」は争いを続け時代は暗黒時代に突入していくのだ...。

その後この物語りがどうなったかは誰も知らない。


時を同じくして舞台は日本。こちらは赤ニンジャと黒ニンジャの戦いが始まろうとしている。
と思いきや新世紀になると、ナイトキングダムと盗賊団の戦いの歴史がまた新たに始まるのだった...。


こんな感じで色々と複雑にからみ合っていて良く分からない(^^
とにかく歴史のあるこのシリーズ。ファンも多くこれからの展開も気になるところだ。

それは違う!ってとこがあったらメールでこっそり教えてください。

■6044 ロイヤルキングの馬車
(1999/02/16)
■6078 ガイコツの塔
(2001/05/05)

カッコの中はリストへの追加日

 

6078 ガイコツの塔
■このモデルを見る

ロイヤルキング王国ヘの侵入を防ぐための堀と門のセットだ。
このセット色々と仕掛けがあって面白い。

まずは堀に架けられた橋。
ひもを引っ張ると橋の片側を軸にくるっと回り、乗っている人を堀に落とす仕掛けがしてある。

このモデル名の由来にもなっているガイコツが橋の下の牢屋に監禁されているのだがイマイチ目立たない。
牢屋の作りはいい感じだ。
反対側の橋桁には隠し財産が眠っているのだ。

部品的にはお城を形成するアーチ部品や壁部品など他ではあまり使われていない部品があり、なかなかお薦めだ。

小さめのモデルながら色々仕掛けがあり楽しいセットである。

発売年 : 1995年
部品数 : 251
MiniFig :4
評価:★★★★☆☆☆☆☆☆(4/10)

6044 ロイヤルキングの馬車

■このモデルを見る

王様と兵隊のかぶってる尖った帽子(?)が気になって買ってみた。

部品的には白く長い槍のような部品やタカラ箱などが使えそうだ。
ちなみに王様の冠は金色である。

金色パーツはこのセットで初めて見たが、何となく三蔵法師がかぶっている冠にも見えるのだが...。
王様の乗る馬車は今一の作りで、もう一工夫欲しかった。

でも、MiniFig4体と白い馬が2頭付いているのはなかなか。

発売年: 1995年
部品数: 120
MiniFig:4
評価:★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2/10)

◆モデル評価図鑑へもどる
◆CLUB LEGOへ戻る