Sculpturesシリーズ

2000年にスタートしたSculpturesシリーズ
Sculpturesとは彫刻のこと。つまり彫刻のようなモデルをレゴブロックで再現するっていうシリーズだ。
(でもなぜか複葉機とかもこのシリーズに入っているのが...)
比較的部品数も多く、MODEL TEAMのように大人でも制作する楽しみが味わえる。

このシリーズの特徴は何と言ってもStatue of Liberty Sculpture(自由の女神)、 LEGO Mini-Figure(でっかいミニフィグ)、LEGO Dragon(緑のドラゴン)、の3モデル。
基本的に四角いブロックを積み重ね、曲線を再現するというまさに「職人技」
が堪能できるセットだ。

こういった彫刻モデルはレゴランドや、レゴイベントなどには展示されていたが、商品化されたのはこのシリーズが初めて。
しかし2003年現在、基本的に日本未発売物なので手に入れにくいのが残念なところだ。

■3724 LEGO Dragon
(2003/03/02)

カッコの中はリストへの追加日


3724 LEGO Dragon

■このモデルを見る(lugnet)
■このモデルの部品リスト(peeron)

箱を開けると緑ブロック緑プレート部品がこれでもかと言うほど入っていて、壮観な眺め。
各部品は種類ごとに小さな袋に分けて入れられているので、組み立て時に楽に部品を探すのことができる。



組み立ては基本的に毎ページ1ブロック分の高さを足下から積み上げていく感じで完成させていく。
中身は思ったよりぎっしりと詰まっており、 あまり空間は無い。



あまりにもぎっしり詰まっているので、ばらすのは大変。
実は完成間際になってあまりそうもない部品が余っているのを発見!
調べてみるとお尻の部分に隙間発見〜(ToT)。
別に付けなくてもそれ程問題は無いけど、やはり性格上直さないと気が済まない...。
で、その部分から剥がそうとしたんだけど、なかなか剥がれなくて凄く大変だった。



完成したモデルは高さ38cmほどになる。
隣りに置いたミニフィグと比べるとわかるが、かなり大きい。
リビングに置いても良し、玄関に置いても良し、とオブジェとしてはかなりいい感じ。
と言っても、我が家では飾られることなくバラバラにされて部品庫に行ってしまうが...。

緑部品はなにかと重宝で、オリジナルモデルの「未(ひつじ)」の牧場や「古代遺跡」の森を表現するのに使っている。
緑はこのように使える色なのに、緑部品が沢山入っているセットは少ない。
そう言う意味でも、この「3724 LEGO Dragon」はお勧めセット
!!
海外に行って見つけたら買っておくのが吉。

発売年:2000年
部品数: 1849
MiniFig:0

評価:★★★★★★★★☆☆(08/10)

■モデル評価図鑑へもどる
■CLUB LEGOへ戻る