想い出のレゴブロック

子供の頃、遊んでいたあのブロックはなんだったんだろう?
そんな疑問から、探索の旅が始まった。

はたして、あのブロックはLEGO? ダイヤブロック? それとも...?
あなたの遊んでいたブロックももしかしたら!

第三章
『ついに明かされるブロックの正体...』
1999/06/20
ニンテンドウ ブロック」について服部さんから情報を貰いましたが、さらにかじやまさんからもメールを貰い、その全貌が今、明らかになってきました!

「ニンテンドウ ブロック」は正式には「任天堂ブロック」が正しいようです。箱には「NB」というロゴが印刷されています。さらにブロック自体のの凸面(ポッチ)には「NB」というマークがされていて、裏の方はレゴの様なマル穴ではなく丸い鼻眼鏡の様な形です(言葉で書くと難しいのですが、レゴより小さいパイプが斜めに並んでいる感じ)。

ヒョウタン型(スタンダード55)部品の裏は空っぽになっていて指が入ります。この部品は丸いところで外側に締めつけるので裏には何も無くてちょうどいいのでしょう。

レゴ ブロックとは互換性がありますが、マニュアル等にその旨の明記はなさそうです。

今回、かじやまさんにより任天堂ブロックの貴重なカタログをスキャンして頂きました。送って頂いたファイルを見ると懐かしさのあまり、「おー! こんなぶひんあったぞぉ〜!」などと叫びながら眺めてました。

それでは、懐かしのカタログをご覧下さい!


任天堂ブロック01

4×2の基本ブロックはレゴと変わりないですね。カラーも、レゴのラインナップと同じです。

そして、右上に載っているのが例のヒョウタン型部品。
子供の頃はこの部品、いったん繋げるとなかなか外すのに苦労するのであまり好きではありませんでした。カタログを読むと、このブロックは基本ブロックの1種類らしいですね。確かにレゴブロックとの差別化を出すのにはいいかも知れません。

今度レゴ社からもこの形のブロックを出してもらいたいものです。


カタログスキャン:任天堂ブロック

作品例を見るとヒョウタン型ブロックや、丸部品を使ってオリジナリティーを出しているようです。右側にあるカメは良い味出してますね。


カタログスキャン:任天堂ブロック02

「任天堂ブロック」は部品売りもしていたようです。「P−20」や「P−40」などは使えそうな部品です。レゴでも出して欲しいぞ。


N&B BLOCK

「P−80」と「P−90」は私の記憶には無かった部品です。軸を通してタイヤとか付けるためのものでしょうか? また、右側のミックスセットはいいですね。レゴからもこういった感じの部品セットを出してもらいたいものです。


N&B BLOCK 02

そして!!
これが「想い出の品...」で描いたロケットモデル。
その名も「ロケット」!!

......そのままじゃん....。
しかし! 子供の頃に作ったモデルが今、見れるなんて思いもしませんでした。
いや〜懐かしい!

でも、こんなに派手なカラーだったのか...。


航空母艦:ジェット戦闘機:N&B BLOCK

さらにこんなのも売っていたようです。「航空母艦」はなかなかカッコいい。レゴには無いテーマです。


任天堂ブロック?

これは女の子用に売られていたブロックセット。レゴで言うベルビルシリーズになるんでしょうか?


さて、どうでしたか?
もしかしたらLEGOのモデルだと思っていたのが実は「任天堂ブロック」だった...
なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私もその1人ですが、その謎が今回解けてスッキリした気分です。

情報およびファイルを提供していただいた、服部さん、かじやまさん、本当に有り難うございました!

そんな楽しいレゴブロックの世界を覗いてみませんか?
レゴショップ紹介では、現在購入できるセットを色々紹介しています。

まずは2つのブロックを繋げてみることから始めましょう。

きっとそこから...。

LEGOショップの紹介ページはこちらから。