想い出のレゴブロック

子供の頃、遊んでいたあのブロックはなんだったんだろう?
そんな疑問から、探索の旅が始まった。

はたして、あのブロックはレゴブロック? ダイヤブロック? それとも...?
あなたの遊んでいたブロックももしかしたら!

第一章
『レゴ ブロックとの出逢い、そして...』
1998/11/21

多分、最初の出逢いは小学校に上がる前だったと思う...。
そのころはレゴ ブロック
とダイヤ ブロックを混ぜて遊んでいた記憶が有る。
もしかしてダイヤ ブロックとLEGOってかみ合わないのだろうか?
だとしたら記憶違いかも...?(注1)

段ボール箱いっぱいに入ったレゴ ブロックを毎日作っては壊し、作っては壊しして遊んでいた。
小学校4、5年までの遊びの内、少なくとも3割ぐらいの時間はブロックで遊んでいただろう。
何かの作文で「ブロック」という題名で文章を書いた記憶もある。

そのころやはりLEGOは高価でとても貴重な宝物であった。
特に小さな部品や透明な部品、さらにはタイヤが付くブロックなんて言ったら...。

そんな時いつも、

大人になったら好きなだけレゴ ブロックを買って思い切り遊んでやる!

と小さな胸に思いを巡らしていたのだった。

 

 

 

そして20数年の月日が流れた.......。

 

 

 

そんな幼少の頃の思いなんて、すっかり忘れて平和な人生を歩んでた。
ある日ふとおもちゃ屋さんに立ち寄り、何となく見たレゴに少なからずショックを受けた...!

その時見たLEGOは子供のころの記憶にあるあのLEGOとは違い、
見たことも無い いろんな部品を使って出来ている飛行機電車お城人形達だった。

 

 

なんだこれは...?

LEGOか?

ん?
「街シリーズ」?

やっぱりLEGOか...。

なんか横に穴が空いてるブロックがあるぞ?

なに?
テクニック?

ふ〜ん。

     

     

     

     

     

     

.....これって面白いのか.....?

     

     

     

     

     

     

でもなぁ...。今さらLEGO買ってもなぁ。
なんか昔のやつと違うしなぁ。
しかも値段高いし....。

なんて気にはなりながらも半年ぐらい買わずにいた。
それでもおもちゃ屋さんに行ったときはとりあえずLEGOコーナーはチェックするようになっていた。

そんなある日、トイザラスの存在を知った。
いや、トイザラス自体は日本に来るぞって時から知ってはいたが自分には関係ないことなんでまったく意識せずにいたのだ。
でも、「 トイザらス トイザらスって安いんだよなぁ。ってことはLEGOも安いのか? しかもあんなにでかいんだから面白いもんも有るかも!」ってことでトイザらスに行ってみた。

そこで出会ったのが#5571「ブラックキャット」だ。

 

うお〜!!
こ、これは、かっこいいっ!!

 

それが第一印象だ。

値段は、¥17999

高っ!!

LEGOってこんなに高いのか??

でもこれを買わずに帰れるわけがない。
既にLEGOのマジックにハマっている。

早速家に帰るなりLEGOのふたを開けた。
そこには数えきれないぐらいの細かな部品達がぎっしりと詰まっている。

そう!
...子供の頃、夢にまで見た数え切れないほどの沢山のブロックがそこにあったのだ!!

そして、その日の夜と、次の日の昼までの2日間かけて完成!

 

 

EGOはやっぱり面白い!

 

 

分厚い設計図を見ながら作っている最中、あの子供時代の思いが蘇っていた。

その時からである。
LEGOにはまってこんなホームページまで作ってしまうまでになってしまった。

しかし、LEGOは奥が深い。
知れば知るほどほしいモデルは増え、オリジナルモデルも凝るようになっていく。

 

 

 

そう、まだ始まったばかりなのだ...。

 

 

 

1998年11月21日 Hiro

注1)はい、記憶違いです。 レゴ ブロックとダイヤ ブロックはかみ合いません。第二章の「想い出のレゴ ブロック?」を見ると、その真相が..!!